スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
20-1.jpeg

?????「ふぉふぉふぉ、この私を倒そうとでも?」

みかわしA「手強そうな相手だ。」
みかわしB「そうだな。いますぐにでも突進してきそうだ。」
みかわしC「ひるむな!オレたちには秘技みかわしフォーメーションがあるだろ!」
みかわしA「そうだ。あれを使えばこんなやつ・・。」
みかわしB「でもまだ一度も成功したことないじゃないか!」
みかわしC「4人の気持ちを合わせればきっと大丈夫だ!」
みかわしA「よし!いくぞ!みかわしフォー!メー!ション!」













みかわしマラカス「・・・ねぇねぇフレンチドッグ買ってきたよー!」






↓全プクが全く泣いてない感動の前作はこちら。↓
はぐメタコインを使ってみた ~序章:ひとりぼっちのあいつ~
はぐメタコインを使ってみた ~第1章:6773456の意味~



はぐメタコイン討伐記、続きます。



1802.jpeg

起死回生の神引きで、意気揚々と2周目へ。
はぐメタコイン買っても、まだ9万も残ってるよ、ひゃっほーい!





隠し部屋に到着。

ぷくりぽ「さぁ張り切って2周目行きましょう!」
かしわ餠「おー!」
ケチャプ「おー!」
ユッッケ「・・・。」







ぷく・かし・ケチ「・・・・・・・・・??」








ぷく・かし・ケチ「・・・・・・・・・??」











ぷく・かし・ケチ「戦闘始ってるぅぅぅ!!!」











ユッケさん、まさかのフライングである。
はぐメタ経験者として、ここまで影のリーダーとして活躍してくれてたユッケジャンさんが、
驚愕のフライングゲットである。
AKBもビックリである。

フライングゲット (ダンシングバージョン) / AKB48






元気玉は使えなかったものの、幸いはぐメタは撃破。
言わずもがなだが、はぐメタ様1匹でのご出演である。








ユッケ「すいませんでした。」











ぷく「謝って済むのなら、警察はいらんのだよ、オーガ殿。」
ユケ「はい。」

ぷく「ラブフラゲェェェェ♪とかいってる場合じゃないんですよ。」
ユケ「調子に乗りました。」

ぷく「君たちオーガはあれかね?ぷくりぽ相手なら何でも許されると思っているのかね?」
ユケ「いいえ、滅相もないです。」

ぷく「いやいや、きっと思ってるね。これだからオーガは、全く。」
ユケ「本当にすいません。」







ぷく「だから謝って済むなら★@%*$€+Wだろぉぉぉがぁぁぁ!!!!!」









ユケ「お詫びにもう一枚コイン買います。」
ぷく「オッケー!♫(ローラ風)もう全然許し!全く気にしてないし!仲良くいこーぜセニョール!」










とかいう会話があったりなかったりで決まった泣きの3周目。
でもその前にキッチリ持ち寄り2周目を終わらせましょう!と再度団結する!



ぷく「引き締めていくぞー!」
ユケ「おー!」
ケチ「おー!」
かし「・・・・。」










ぷく「・・・ん?」








ぷく「引き締めていくぞー!」
ユケ「おー!」
ケチ「おー!」
かし「・・・・。」







かしわ餅ログアウト。








一同「うわぁぁぁぁぁ!」










1分経過。
かしわ持ちログイン。










かしわ餅「すいませんでした。」







ぷくりぽ「謝って済むのなら、警察はいらんのだよ、人間殿。」
かしわ餅「はい。」


ぷく「君たち人間はあれかね?ぷくりぽ相手なら何でも許されr・・・」










【次回予告】
はぐメタを目の前に壊れ始める友情。
芽生える殺意。
何周回れどお一人様ご一行のメタル。
4人が本当に倒すべき敵は、メタルかなのか、それとも仲間なのか。




次回、ぷくりぽんでりんぐ。
「はぐメタコインを使ってみた 〜第3章:3匹の子豚と1匹のぷくりぽ〜」
はぐメタコインいつやるの?今でしょっ!



人気ブログランキング参戦中!
どうでもいいけどこれ何話まであるのさ?wの人は「人気ブログランキングへ」をクリッククリック♪
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
この話題だけめちゃくちゃながいwww

バトマス45になったのでガルゴルお誘いまってますぜ!
あとアトラスまた当ててください。

No title
だって5時間もやってたんすよww

じゃぁバトマス*4で行きますか。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。